わきがの臭いは独特で鼻につくような強い刺激臭ということもあり、周囲の人たちは敏感に気付きやすいものです。一般的なデオドラント剤は、通常の発汗に対して使用することを前提としていますので、強いわきがに対しては効果の程度が不十分です。わきがの人には、市販の制汗グッズよりも、強い効果のあるものが必要です。近年では、わきがを治療する治療方法が確立されており、美容外科や皮膚科で受けることが可能です。ボトックスという薬剤を注射し、神経に働きかけることで脇の下に汗をかきにくくする方法は、半年くらいなら効果が続きます。しかも保険が適用されないため治療費用がかなり高額になってしまいますし、それを毎年繰り返していたらかなりの負担になることでしょう。そういう意味からも、わきが治療は手術をしてしまうのが一番確実で再発の可能性も少なくなります。アポクリン汗腺という器官が脇の下にはあり、ここから分泌される汗は臭いが強くなるので、脇の下にメスを入れ、汗腺をとってしまいます。わきがの手術によって、アポクリン汗腺を除去すれば、悪臭を発する汗をかくこともなくなるので、わきがの治療効果が得られます。外科的な手術で、脇の下の汗腺を丸ごと取り除くので、臭いがする汗をかく心配から解放されます。保険の使える手術であることから、費用について気にしすぎずとも対応が可能です。手術を選ぶか、そのほかの治療法を選ぶかは医師としっかり相談した上で決めることが大切です。不用品回収 東京