有酸素運動はダイエット効果のほかにも、さまざまな効果が期待できる運動です。まず有酸素運動により心肺機能が強化されます。末梢の血液循環が改善して代謝も良くなれば、中性脂肪値が下がり、善玉コレステロール値は上がってきます。有酸素運動には、高脂血症、高血圧、糖尿病などの危険因子の予防や治療効果が期待できるのです。継続して有酸素運動をすることは体力増進にも役立ち、適度な運動はストレス発散効果もあります。また、運動強度がきつい方がよりダイエットにいいと誤解している人が多いようです。ダイエットにいい有酸素運動をしたいのならば、短時間できつい運動をするより、運動強度は高くなくても酸素を体内に取り込みつつじっくり有酸素運動をする方がおすすめです。1日1万歩を目標に、万歩計を腰につけてウォーキングに取り組んでもいいでしょう。プールの中でのウォーキングや自転車を用いた有酸素運動は腰や膝への衝撃が少なく、それらの部位が弱い方でも取り組めます。食事から取り入れるエネルギーと日々の生活に必要なエネルギーを比較すると、前者の方が遙かに多いという方は少なくありません。余分な摂取エネルギーを消費するための努力が必要になります。毎日は難しくても一週間に3回以上、1度に1,500kcalを消費するような有酸素運動をする習慣をつけたいものです。できれば、日々の生活習慣の中に有酸素運動の時間を折り込むことが、ダイエットには効果的です。https://eikaiwa-otona.net/