私が悩んでいたのは、頬の毛穴の開きです。肌タイプはどちらかというと乾燥肌で、冬の時期にはすこしかさつきがでる程度です。でも頬の毛穴だけはどのシーズンでも気になり、ファンデーションで毛穴をひたすら隠していました。 私が実践したスキンケア方法は、クレンジングをオイルからジェルタイプに変え、化粧水の前にふき取り化粧水を使うようにしました。
クレンジングオイルを使っていたのは、アイメイクも一緒に落とせて楽だからという理由で使っていたんですが、ジェルの方がクレンジングをしながら保湿効果が期待できそうだったので、ジェルタイプに変えました。
ふき取り化粧水は、いらない角質だけを取り除いてくれるので使っている化粧水の効果を高めて、より化粧水が浸透しやすくなるという事を知り、使い始めました。 私がクレンジングジェルとふき取り化粧水を実践してどうだったかというと、
クレンジングジェルをしたあとの肌が、オイルを使っていた時よりも肌がふわふわしているように感じました。
ふき取り化粧水を使ってからは、やはり化粧水の浸透力を高め、しっかり保湿できているようで頬の毛穴がキュッと引き締まり、目立たなくなりました。
それだけではなく、肌にうるおいがしっかり与えられて透明感も出てきました。 クレンジングジェルとふき取り化粧水をおすすめしたい人は、私と同じ乾燥肌の方です。
クレンジングジェルは、お肌が敏感な方でも使いやすいアイテムだと思いますし、クレンジングしながらマッサージもできるのでメイクオフの時間が楽しく感じました。
ふき取り化粧水は、毛穴の開きが気になる方や、肌がくすみやすい人におすすめです。
ただふき取り化粧水は、皮膚が薄い方にはヒリヒリした感じがでる場合もあるみたいなので、そういった肌質の方はパッチテストなどをして、肌に異常がでないか
確認してから使った方がいいです。赤みが出たり痛みを感じるようなら、使うのはやめたほうがいいと思います。 私はこのスキンケア方法を実践してからおよそ2か月くらいで効果を実感できました。その間、それぞれ同じメーカーのものを2,3個買って使い続けました。
ひと月だと、本当に自分にこの方法があっているのかどうか見極めるには少し早いかなと思ったので、しばらく続けてみた方が、効果が出ているかどうか分かりやすいと思います。
参考サイト