体の汚れを落とすためや、病気や負傷の治療のためなど、様々な目的で日本人はお湯に入ってきました。入浴にはダイエットの効果もあるとされていますが、体脂肪の分解には、42℃ほどの熱い湯が条件になります。ダイエットをしたいといっても、お風呂で熱いお湯に入っていると、湯あたりの原因になるなど、体によくありません。多くの人は、ダイエットのためにお風呂に入る時は、ぬるめの湯に長時間入るという半身浴をしています。半身浴は、体を芯まで温め、体温を上げて、代謝を促進します。お風呂にしばらく入っていることで、体温が上がるだけでなく、血液の循環がよくなって、代謝アップ効果が期待できます。冷えやすい体は、脂肪を定着させやすいといいます。腰まわりが冷えると、ウエストの皮下脂肪が多くなってしまいがちです。ウエストから下半身にかけて脂肪が増えないように、半身浴で体をじっくり温めましょう。あまり長い時間お湯に浸かっていると体力を使いますので、ダイエットのための半身浴なら30分ぐらいが適当です。半身浴をする日は、コンディションがいい時にしましょう。生理中や、体調が整っていない日は、休養をとるほうが重要です。お風呂に入るタイミングは、食後すぐは避けて、胃に入っていた食べ物がある程度消化されてからにします。ダイエットのために半身浴を行う場合、発汗を促進することで脱水にならないよう、十分に水分を摂っておきましょう。食材セット お試し